スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17/4/11トレード結果

ドル円4回トレード(デモ)
1回目ショート -3.3pips
2回目ロング -5.0pips
3回目ショート +30.0pips
4回目ショート 0pips
5回目ロング +6pips 

1回目
201704111740.png
ヨーロッパ時間に入り、流れは下落のままなので、1時間足の10MAにタッチした辺りでショート
5分足では+2σのとこです。
中々動かないので一旦リセットのため撤退。
20~30分たっても動かないときは仕切りなおしにリセットしてます。

2回目
201704112330.png
ちょっと長時間席をはずして戻ってきたらレンジ下限辺りで下髭3本出てたのでロング。
しかし、エントリーした瞬間逆行し、急いで損切り。
ちょっと甘いエントリーだったかも。
レンジで反発すると思い込んでいったれ^-と。
ただ、エグジットは即行えたのでよしとする。

3回目
201704112350.png
前回損切り後、陽線が出た後次の足で少し下に下がったのを見てショート。
レンジ下限からショートで、安いところから更に売るという余り良いポイントではないと思いますが、
勢いがすごく、陽線が出たといっても上がっては即下がり、上がっては即下がりって感じの陽線だったため、
下落の勢いはすごそうに見えた。
勢いがすごいときは、一本の逆行足がそのまま押し目戻り目になりやすいのでショート仕掛けました。
損切りはピンク線を上抜けです。
利確はブレイクすると見込んで、事前に30pips先に指値をおきました。
110で反転上昇するようなら建値撤退を考えてました。
ブレイク後、指値にちょうどタッチしたため自動決済されました。
前回の記事で日足レベルのブレイクは1円くらい簡単に動くと書きましたが、
その3割ほどいただければ良いかと思い、30ほどに設定した。

4回目
201704112415.png
追撃のショート
-2σが抵抗になってそうな感じだったので追撃ショート。
10pipsほど下がるも、建値に戻ってきたため撤退。
勢いが続けば更に15~20くらいいけるかなと思ったが停滞しました。
おそらくこの後は調整の動きになり、手を出せば負けそうな動きになりそうです。

5回目
201704112455.png
レンジでの短期逆張りロング
監視してたら割と分かりやすいレンジを形成してたため、10pipsほど狙って(指値)ロング。
RSIも30から上がりそうで良い状態だったと思います。
一度利確まで0.1pipsまで届きましたが、ストンと落ちたため手動利確。
実はトレンド相場は余り得意ではなく、レンジが割りと得意です。
なので今日みたいにワントレード30をとることはほとんど無く、
5~10pipsがほとんどで、偶に15pipsみたいなのが多いです。

今日の悪かった所は、2回目のロング。
流石に甘えすぎた。
だれがどう見ても下落、どの足を見ても下落でした。

良かった点は、2回目のエグジット
即流れが悪いと判断して切れたのが良かった。
これを切れず我慢すると損失が40~50pips出てました。
というのも、リアルで同じような事が起きて、こつこつ溜めた利益を1回で飛ばしてしまったから
デモに戻っているという状況になっています・・・

良かった点2個目は、3回目のショートが打てたこと。
レンジ下限か110にきたら上がると自分で言ってましたが、その考えにとらわれず、
損切りで頭を切り替えられた点は良かったと思います。
前にやらかしたときは、ドンドン損失が伸びていく中で、逆方向のエントリーポイントがドンドン出てきて
損切っておけばエントリーできるのに・・・と歯軋りしてました。
損切りせず耐えるのは、単純な損失だけではなく、機会も損失するって事にもなると
気がつきました。
例えば、損失が30⇒40と増えていく中、新たなエントリーポイントが2つくらい出て
それぞれで10pips×2ほど稼げていたポイントがあった。
損切り10pipsしておけば、更に20pipsの利確ができて+10になってた、なんて事が多かったです。

なので、だらだらと損失拡大に耐えるくらいなら、さっさと損切りして次のエントリーポイントがないか
監視してたほうがいい。

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

Author:mattonmj
調子がよければ小額リアルトレード。
悪ければデモトレでトレードしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。