スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17/4/27トレード結果

ユーロ円
1回目ショート -8.7
2回目ロング +12.9
3回目指標トレード -3.8
4回目指標トレード -6.8
5回目指標トレード +25.9
6回目指標トレード +8.6 
7回目指標トレード +10.2.
201704272101.png

1回目
画像を1枚しか保存してなかっため、左側が見えませんが、1時間足でレンジになっていることが分かります。
なので、5分足のボリバンからのショート。
2本先の足で上にブレイクしたため損切りというか逆指値にヒット。

2回目
ブレイク後、グイグイ上げてきて.050をブレイクしていきました。
そこから入るのは遅いため、戻りを待つことに。
30MAで反発された形跡があったためロング。
ちょっと値幅が大きいのでストップを広めに取って対応。
しばらく我慢してたら反転上昇していきました。
前回の.50ブレイク後即全戻しを考慮し、.50あたりで決済。
実際は再度ブレイクしてもっと伸びていきました。

3回目
指標トレードになります。
開幕爆上げ後、全戻ししたため、そのままの勢いで下降する可能性が高い。
というわけでショート。10pipsも伸びず反転したため損切り。

4回目
今度はドテンロング。
17pipsくらい伸びましたが、反転したため損切り。

5回目
またまたドテンショート。往復ビンタを食らいそうです。
ただ、今回はストンと下げてきたので、.00付近で決済。

6回目
さらにドテンロング。
.00付近で反発するような動きがあったため、そのまま入りました。
もうオラオラですね。ここを抜けるとやばい事になるので、決済は厳に。
10pips伸びそうで伸びなかったので決済。決済後、ちょっと下がって一気に伸びました。

7回目
またもドテンっぽいショート。
MAまでの戻りを待ってから、反発を確認してからのショート。
これは.00まで落ちそうな勢いでしたが、欲張らず10ppで決済。
これで終わり。


指標トレードは基本的には危険です。
今月は割りと獲得PIPSが多かったので挑戦してみましたが、月初とかでは絶対にやりません。
とりあえず自分のやり方を簡単に説明します。

まず、指標で大きく動いたら飛び乗りはしません。
今回の場合ですと、指標で上に爆上げしましたが、途中でロング飛び乗りは絶対しません。
必ず戻りを待ちます。一気に戻ってきたら、戻ってきた勢いを利用してショートします。
もしここで落ちないようであれば10pipsくらいを目安に即損切りします。
利が乗ればOK、乗らなければ逆方向にドテンします。
そこも同じように損切りを厳に。利益が乗ればOK、乗らなければ逆方向にドテンします。
っていうのを3回繰り返して、3連続で乗れなければ、その日のトレードは終了です。
例えば3回目で2回損切り分を回収できない程度の利益ならばそれも終了です。
今回であれば、2回損切りして、3回目で余裕で挽回出来たので続行しましたが、
これが7pips位で逃げてトータルマイナスとかになれば、精神的に来てると思うので強制終了です。

今回は戻りがありましたが、戻りが無い場合は、じっくりと10MA反発を狙います。
反発する事も無く上げ続けるなら、もう本日は終了!です。
とり逃したショックも相まって、その後のトレードが滅茶苦茶になりそうです。

・指標で動いたら飛び乗らず、押しと戻りを待って、押した方向戻した方向にエントリーする。
・押しも戻りも無くレートが動いたら、本日終了するか、最低でも1時間は空ける。
・往復ビンタを3回食らったらその日は終了。
・往復ビンタを食らわなくても3回でトータルマイナスなら本日終了。

これらを守って指標トレードしてます。
もちろんやらないのが一番いいと思いますが。。。

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

Author:mattonmj
調子がよければ小額リアルトレード。
悪ければデモトレでトレードしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。