スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17/4/26トレード結果

ユーロ円
1回目 ロング -3.4p
2回目 ロング -2.5p
3回目 ロング +15.9p
4回目 ショート +2.4
5回目 ショート +26.9

201704260900.png

1回目
東京市場と同時に爆上げしてきて、戻りを待ってロングした。
フィボ引いてるが、ちょうど半値戻しが30MAなので、そこでどうなるか。
一応反発したが、ちょっと不安があったため観察。しっかり上げてきました。
ただ、ちょっと上がりすぎたので押しを待ってロングしました。
ドカッとあがるかな~とおもったが、上値が重くレンジっぽくなりそうだったたため損切り。
昨日の上昇がまだ継続しとるのかなと思ったが、ちょっと怪しくなってきましたね。



201704261500.png

2回目
短期のレンジを上にブレイクして急上昇。
まだ上昇トレンド続いてるか?と思い、前回高値に逆指値を入れて待機していたら、
ブレイクして逆指値に掛かりエントリー。
すぐ上げてくるが、すぐ下げる、また上げるってのを繰り返していたので、上昇トレンドの
揺さぶりっぽいなと思いキープ。
ただ、高値が切り下がってきていた為、そろそろ上昇トレンドは終わりか、または深めの押し目か。
3度目の下げでこれは期待薄と判断して損切り。

3回目
損切り後、ガラがきて、-2σで反転、1時間足のMAも近いためロング。
一気に上げてきた為様子見してましたが、どうもトレンドラインでとまっている。
これは下降来たかと思い利確しました。

4回目
前回利確後、トレンドラインで反発確定したのを見て、ショート。
若干遅れて入ったため、ちょいと自信なさげ。
順調に下がりましたが、エントリーから2本目の足でちょっと強めの戻しがきた為焦って利確。
まだ上昇トレンドか?とおもったが、同じ足でガラっと下げてきてちょっともったいなかった。
一度降りてしまったので途中で入る事も出来ず、ズルズル下げているのを見てるだけでした。

5回目
121.50をブレイクし、勢いが乗ってますね。
このままエントリーするのはちょっと怖いので戻しを待つことになります。
.50まで戻し、しっかり反発したためショート。10MAでの反発もありましたので、ブレイクを狙っていきます。
画像のピンク線が本日安値となっており、ここを抜けると10~20pips位は瞬時に下がるだろうと
予測していました。
ラインの目の前で反転したためどうしようか悩みましたが、10MA反発は基本ブレイク狙いなので
そのまま保持。ボウズ頭の足が出たためそのまま監視していたらブレイクしていきました。
ブレイク後価格がとまったのですかさず決済。



やはり程よく動くチャートはトレードしやすいです。
もちろん反対に動かれたら一気に損失拡大しますが。。。
最近は開幕逆行で一撃20pips損切りみたいなことは無いですが、
この値動きが続くようだとその内出そうです。

今度10MA反発エントリーの説明をしますが、10MAエントリーは型に嵌ると
爆発的な利益がでます。
10MA反発はかなり強いトレンドで、30MAまで戻さずガンガン反発して
ドンドントレンド方向にすすんでいく事が多いです。
トレンドが強いという事はブレイクがガンガン起きるという事でもあります。
逆に10MA反発でエントリーして、大して利益がでないままマイナス方向へ反転して損切りになりましたとなったら
それは強いトレンドではないという事。
そうなったら30MA以下のMAでの反発狙いに絞る方がよさそうです。
もちろん、振り落としの為に価格が乱高下する事もありますが、あくまでそういう傾向が強いという事です。
4/25は10MA反発が何回も起きて、全部エントリーできれば100pipsは余裕で超えていたでしょう。
もちろん全部とるのは難しいですが、そのうちの1回2回は取れるようになれば十分かと思います。
1回で20pips以上は見込めるので、トレンドが強そうというときはビビらず狙っていこう。
損切りになったとしても、見込める利益は損切り額の倍以上になり期待値は高いと思います。
あくまでトレンドが強いとき限定です。平場でやると損切り大魔神になりますので注意。

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

Author:mattonmj
調子がよければ小額リアルトレード。
悪ければデモトレでトレードしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。